ファミリーコンサートのための練習

「眠っているピアノ」

子供達のために買ってあげた高価なピアノ・・・ほんとうは昔自分が習いたかったんだ・・・でも、習うチャンスがなくて・・・今、自分のために弾いてみたら?新しいことを始めるのに”遅すぎる”という日はないのですよ。これから歩む人生の中で、今日という日が一番若いのですから。 やさしいメロディーでも、二人で弾けば豊かにハーモニーが広がります。伴奏部分はどうぞお任せ!

そして今・・・

お母さんがやって来ました!

郷里に帰り、懐かしいことにいろんな人たちに再会します。以前ピアノの指導をしていた時、ドイツに行く前の最後の生徒達の中で一番小さな生徒さんがいました。その子ももう大学生です。お姉さんと二人でピアノを習っていましたが、お姉さんももう家を離れています。そして居間にはピアノが・・・そのお母さんがピアノを始めました!昔習ったことがあるのですが、もちろん子育ての時期にはピアノから離れていました。でも、今ピアノが弾けるのです!休みで帰省した娘さん達に聴かせてあげるのが楽しみな様子。そしてとうとうお父さんまでレッスンを始めてしまいました。なかなか練習時間は取れない様子ですが、楽しい音楽一家になりそうです。