カフェ・コンサートで司会をするヤーナ

”お父さんはスポンサー?”

それだけではちょっと寂しいですね。今お子さんが練習している曲が仕上がったら、今度の日曜日のお茶の時間にでもご披露してもらいましょう!そして、おじいさんの70歳の誕生祝には何か数曲弾いてプレゼントしてもらいましょう!以前日本でレッスンしていた時、お父さん達の姿が薄かったのが残念でした。もっと一緒に楽しんでもらえたら・・・そして、もう一歩踏み出してお父さん自身弾いてみたら?憧れの曲をこっそり練習して家族を驚かしてみたらきっと面白いですよ。ちなみに、ドイツでの3人目の生徒さんは50歳になったばかりのお父さんでした。

そして今・・・

父娘で共演

クリスマスに音楽仲間が集まりました。連絡がつく限り昔の教え子達に声をかけて・・・福島から来てくれた父娘、以前小学生だった生徒はもう薬剤師さんになっていました。音楽を仕事にしていなくともお父さんの歌う「千の風に」の伴奏を弾いてくれました。お父さんも音楽家ではなく他の分野の専門家です。でも一緒に演奏する姿はとても楽しそうでした。ここに音楽を楽しむ家族があるんだなあと嬉しくなりました。そして、後日談があります。数日して他のパーティーで「千の風」のメロディーが流れた時、何の躊躇もなくステージに上がって歌い喝采を浴びたそうです。娘さんとの楽しい練習が実ったのでしょう。