山形市でも幼稚園児から大人の生徒までのピアノの先生としてレッスンをします

”悩めるピアノの先生達へ”

ピアノの先生達ってみんな一人なんですよね。大きな組織の中にでもいないかぎり・・・自分が勉強していた頃、そして、教え始めてその経験のほうが長くなり、いつの間にか生徒達も変わってきている・・・同じように教えているのに子供達の反応が違ってきている・・・いつも情報のアンテナをぴかぴかに磨いて教え方もリフレッシュしませんか?

そして今・・・

教え子がピアノの先生に~

まったく思いがけない再会でした。あるピアノ教室の発表会に招かれて出かけると、プログラムに以前の生徒の名前が載っているではありませんか!当時、彼女は大学受験生でしたが、最後まで受験の面倒を見られずドイツに行ってしまったので、とても心にかかっていて忘れられない生徒でした。あれからもう10年以上の年月が経っていますが、ピアノの講師として舞台に上がってきた彼女はすぐにわかりました。なんと嬉しかったでしょう!そして今、また私のところにレッスンに来ています。中途半端にしてしまった気分だったのに、また一緒にピアノを弾き音楽の話をし、嬉しい限りです。