靴ひもの結び方を習うニコライ

”私の声” 衣替えなんて忘れていた!


確かドイツに行ったばかりの頃には日本での続きでやっていたけど、ある30度を越す暑い夏の日、ある家の庭でパーティーがあった。夜になるだろうしと思い長袖のジャケットを持って行ったけれども、日が暮れると想像以上に冷え込んでくる。いつの間にか周りの人達は厚手のセーターや皮のコートを着ている。私だけ小さくなって凍えていると、その家の奥さんが毛布を持ってきてくれたのだった。そして数日後の夜の野外コンサート。今度こそは・・・と皮のパンツと厚手のジャケットで出かけたけれども、一緒だった友人はなんと真冬のコートを着て来たのである!それ以来私は衣更えというものをやめてしまった。 さて、久々に日本に帰ってみると、これから訪れる梅雨を前に冬物衣料はそれだけでうっとうしさを増すのですね。片付けねば!

Sat, 16 June 2007

アルブレヒト・智子