子供の発想

”私の声” 「年中無休」って新しいサービス?


日本を離れていると、子供の頃の楽しかった思い出とともに日本の伝統行事も懐かしく思い出されます。そのひとつがお正月。そして10余年ぶりで帰ってみるとなんだか様子が違うのです。何も特別な日ではなくていつもとなんら変わらない感じ。そう、いろんなお店も開いているし・・・ 小さな個人の商店に出かけ、「定休日はいつですか?」と尋ねた時、胸を張って「年中無休です!」と答えられると、「まあ、それは大変ですね。お気をつけて・・・」とつい頭を下げてしまうのです。なんだかおかしい!”お客様は神様です”というのはいい意味で理解していたし、世界中に伝えたいサービス精神だと思っていたけど、いつの間にか行き過ぎてなんだかとってもわがままな神様になってしまったみたい。

Thu, 12 Jan 2006

アルブレヒト・智子