大きいぞ!

”私の声” ウグイス嬢は健在だった


ドイツに着いたばかりの頃、電話に出る声がみんな無愛想で怒っているような感じで驚きました。ところが、最近の日本での電話の声が変わってきているのに皆さんお気づきでしょうか?あたりにただよう不信と警戒心からか、以前と違ってトーンがだいぶ落ちているのです。でも、今だ独特な高~い声でお話しする人がおりました。電話での案内やら公共の場での案内放送などです。聞き取れずに「えっ、なんですか?」と聞き返してしまう始末。私の耳が悪くなったか、そんなに日本語の聞き取りが下手になったか・・・という感じです。話をすること、または文を読むことが仕事なはずの彼女達、普通の声を出してくれたらいいのにと思うのですが、いかがなものでしょう? 

Sun, 17 Sep. 2006

アルブレヒト・智子